産創館トピックス/講演録

《講演録》『孫子の兵法』に学ぶ、戦わずして勝つ企業経営【前編】

2018.05.04

≫「負けない戦」をするためには、事前準備が不可欠

「勝てる戦」をするためには、逆説的ですが「負けない戦」をすることが重要になります。

戦いに勝つためには、競合相手など相手の戦力などの外部要因が関係してきますが、「負けない戦」のためには、守りを堅牢にすれば良いだけ。これは、自社の努力でできることなので、やってください。

相手のある戦について『孫子の兵法』的には、「当たって砕けろ」の将軍ではダメだと教えています。将軍は、「絶対に勝てる戦」しか、出陣してはいけないのです。

だから全戦全勝。それは一般の人から見た時に「あの将軍は勝てる戦しか出てこない」というイメージをもたれがちです。

一方「当たって砕けろ」タイプの将軍が勝った時に、一般の人たちは「強い敵に勝った」と喝采するかも知れません。しかし、国王からすれば、その将軍はとても危うい。

これを現代ビジネスに意訳すると「無理な営業をして、押し売りをする」のではなく、「購入してくれそうな顧客のみに専念する」ということになります。

営業を指揮するものは「売れそうなところだけ行け」というべきなのです。「とにかく回れ」なんていう非効率的なことはご法度ですよ。

次ページ >>> フィードバックではなく、フィードフォーワードを

株式会社NIコンサルティング

代表取締役

長尾 一洋氏

http://www.ni-consul.co.jp/

横浜市立大学商学部経営学科を卒業後、経営コンサルティング会社で営業指導、戦略策定、人事改革などを経験し、課長職を経て独立。1991年に㈱NIコンサルティングを設立し、中堅・中小企業の経営体質改善、営業力強化、人財育成などに取り組む。ITの活用にも積極的に取り組み、1998年から開発販売している「可視化経営システム」の導入企業は4800社を超える。2500年前から伝わる最強の兵法『孫子』の知恵を現代企業の経営に活かす孫子兵法家としても活動中。【ブログ】http://www.kazuhiro-nagao.com

関連記事