密を避ける練習法でティースタンドに脚光

土台となる鉄パイプに装着したゴム筒上に載せたボールを打つことでボールのとらえ方などを確認する野球練習用ティースタンド。

同社が開発した「サクゴエPUT式」が高校野球界の名門、履正社高校野球部 岡田監督の目に留まり、選手の声をもとに6度の改良を重ね、ゴム部分が切れにくく、倒れない商品が完成した。

今年2月にはプロ野球チームの福岡ソフトバンクホークスの選手が使う様子が「密を避け一人でできる練習法」として取り上げられ、売れ行きが伸びた。

日本の野球界にティースタンドを使った練習法をさらに広めるべく、現在は関東のリトルリーグの練習で取り入れる提案を行っている。

(取材・文/山口裕史)

2020年08月01日
株式会社ハング
事業内容/野球練習用ティースタンドの製造

今月の町工場で働くオトコマエ

ゲンバ男子

地域から選ぶ

情報誌Bplatzpressから選ぶ

創業年から選ぶ

業種から選ぶ

ライターから選ぶ

テーマから選ぶ