熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

“憧れられる職業”にするために

病気やケガなどの事情から歯を失った人のために、高品質なオールセラミックの人工の歯を製作している株式会社AristJapan。

歯科技工歴13年目の美馬さんは高校生の頃、母が治療で差し歯を製作してもらったことから歯科技工士という職業を知った。

歯がきれいに治療できた母の喜びを目の当たりにし「歯科技工士は人の心を動かす仕事」なんだと痛感した。高校卒業後、専門学校へ進学、そこで技工士としての技術を学んだ。

歯科技工士は人工の歯を製作するだけでなく、治療について医師への提案も行う。そのため医療に関する勉強会にも積極的に参加している。「質の高い人工の歯を提供するために知識と技術をいかに両立させるかが課題」と語る。

美馬さんの仕事を支える技工用歯科器具。

さまざまな色を混ぜることで、あらゆる歯を再現することができる。

そんな美馬さんのポリシーは“最善を尽くす”こと。「自分の両親や家族に入れられる歯を作っているか」を自問しながらストイックに仕事に取り組む。

口腔内を型取した石膏作業模型を3Dスキャナーで読み取る。

技工士は座り仕事が中心のため、休日はフットサルやマラソン、スノーボードなどのスポーツで汗を流す。「僕らの仕事は患者さんへ健康を提供することだと思っています。“患者さんを健康にしたい”と言いながら自分が不健康だとだめなんで(笑)」。

夢は歯科技工士を“憧れられる職業”として世間に認知してもらうこと。「まずは自分がモデルケースになりたい」と目を輝かせていた。

美馬さん(左)の隣には代表の太田さん。

美馬 拓哉さん

(取材/スズキヒロシ 写真/福永浩二)

★アンケートやってます★ぜひご協力ください★
https://www.sansokan.jp/enquete/?H_ENQ_NO=23052

☆特集「こんなところに仕事人」を全部読みたい方はコチラ☆
http://bplatz.sansokan.jp/archives/category/201703

2017年03月07日
株式会社Arist Japan 歯科技工士
美馬 拓哉さん

事業内容/オールセラミック等の技工物の製作

読者アンケート
ライター募集 フリーペーパーについて 本サイトについて

今月の町工場で働くオトコマエ

      
Bplatzのツイッター Bplatzのfacebook