熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

ぶれたらあかん 前に進まなしゃあない

ぶれたらあかん 前に進まなしゃあない

社業もプライベートも底だった5年前から走り始めた。
経営のことから解放され、素の自分と向き合える貴重な時間だ。

_DSC2619

週末ごとに走り、月に2回は登山へ行く。いつも一人。
より厳しい環境に身を置くほど、自分の覚悟が問われる。

_DSC2585

ただ無心に走る。走り終えると悩みがきれいに消え、原点の自分にリセットされる。

_DSC2511

技術承継も大きなテーマ。3月から新しい仲間が加わり、社員は7人に増えた。

社員集合写真

経営者仲間との出会いで「人生共楽」の経営理念が生まれるきっかけになった。

経営者集まり

覚悟を再認識し、前へ走る

2645のかわり

週末は自宅のある鶴橋から大阪城公園を1、2周走って、戻ってくるのが習慣になっている。

「何も考えずただ走る。したたる汗が心にたまった澱も一緒に流してくれるようで」。

西堀氏はアルミ加工業の3代目。
長年1社に依存した請負仕事を続けてきたが、2008年のリーマンショックで会社が傾きかけた。
その後、鉄、ステンレス加工をやめ、アルミ1本に絞ってHPで打ち出した。

資金繰りのこと、取引先を増やすこと…。悩みが尽きることはない。登山とジョギングを始めたのもそのころのことだ。
無心に走り、山へ入ると、「ぶれたらあかん。前に進まなしゃあない」と気持ちがあらたまる。

ネットの売上げが半分を占めるまでに育ち、「人生共楽」という経営理念もできた。それでも、納期のこと、技術承継のこと、日々壁に当たる。

昨年、1日で56kmを上り下りする六甲全山縦走に挑んだ。途中何度も足が重くなり下山を迷った。だがいったん走りきると覚悟を決めた途端、うそのように足が軽くなった。「迷いが足を引っ張ることを実感した」。

走り、登ることは自分の覚悟を再確認する場だと、西堀氏。
今は自社ブランドの構築に向け、走る。

(取材・文/山口裕史 写真/福永浩二)

2016年04月05日
布施金属工業株式会社
代表取締役  
西堀 広希氏

アルミ加工業

 

読者アンケート
ライター募集 フリーペーパーについて 本サイトについて

今月の町工場で働くオトコマエ

      
Bplatzのツイッター Bplatzのfacebook