飲食ビジネスのコスト削減を実現 食用油のリユースシステム

使用済みの食用油をろ過するシステム「エコレ®」。食品添加物を原料とした吸着剤とフィルターを使ってろ過することで、使用済み油の色や臭い、酸価値などの品質を大幅に回復させることができる。

同システムを使ってろ過した油は、厚生労働省が設けている廃棄基準値を大きく下回っており、日本食品分析センターの調べで検証済みだ。

食用油の年間廃棄量は40万トンと言われている。食用油は使い続けることで劣化するが、同システムによりリユースできるため廃油が激減するという。

2014年に販売を開始。フライヤーに「エコレ®」が内蔵されたタイプと単体の2種類があり、初期導入費用は5万円程度でランニングコストも廉価。

実際に導入している飲食チェーンからは、「揚げ物に対するクレームがなくなったことで、売上アップにつながっている」、「新しい油を購入する量が減ったので経費が削減できている」、「衛生環境が改善されたことで、従業員の定着につながり人件費の削減にもつながっている」などの声が寄せられているという。

現在は、食用油を使用する全国の飲食関連の事業所に導入を進めているが、今後は業務用だけではなく、家庭向けの商品の販売も始めていく予定だ。将来的には海外展開も視野に入れ、さらなる販路拡大をめざす。

食用油の製造過程と同じ処理(脱酸・脱色・脱臭)を行うことで、効果的に劣化物を吸収・除去し、油の品質を保持するという仕組み。

最初から「エコレ®」がセットされているフライヤーとの一体型商品もある。

代表取締役 波田 成由氏

フォーオールも認定された【大阪トップランナー育成事業】とは
大阪トップランナー育成事業は、医療・介護・健康分野等において、新たな需要の創出が期待できる製品・サービスの事業化に向けてプロジェクトのブラッシュアップをサポート!さらに認定されたプロジェクトは、きめ細やかな個別支援を行い、市場化までを徹底的にサポートしています。
http://www.osaka-toprunner.jp/

◎フォーオールの詳しいページは↓コチラ↓
http://www.osaka-toprunner.jp/project/introduce/b-smile

2016年02月09日
株式会社フォーオール
代表取締役  
波田 成由氏
事業内容/食用油ろ過システム「エコレ®」の製造・販売。

今月の町工場で働くオトコマエ

ゲンバ男子

地域から選ぶ

情報誌Bplatzpressから選ぶ

創業年から選ぶ

業種から選ぶ

ライターから選ぶ

テーマから選ぶ