Vol.6 相つぐ自然災害で、いずれかの影響を被っている割合が多い中小企業

【産業創造館ネットモニター調査 8月期調査】
詳しくは⇒ https://www.sansokan.jp/tyousa/movement/monitor/2018_08.pdf

今年の夏場にはいくつかの自然災害に見舞われたことから、今月はその影響について調査した(台風21号による影響は、今回調査の期間中に生じているため、対象外)。

大阪北部地震、西日本豪雨、および猛暑・酷暑による影響を、それぞれ個別に調査した結果、いずれも2割前後の企業において影響が及んでおり、間接的影響や操業停止を余儀なくされたことが判明した。

さらに、こうした自然災害の中で、最も影響が大きかった事象を聞くと(下図)、今回調査の3つがともに2割弱でほぼ同列となった。

4つの災害で「どれも影響なし」は3割強に過ぎず、残る6、7割の企業で何らかの影響を受けたことは注目に値する。

図  最も影響が大きかった自然災害事象  n=186

(取材・文/大阪産業創造館 徳田裕平)

大阪産業創造館 徳田裕平
建設コンサルタント会社やシンクタンクを経て、縁あって旧・大阪都市経済調査会の事務局長に就任。大阪市をどうやって元気にするかをテーマに日夜、調査・研究に励む。

2018年09月25日

今月の町工場で働くオトコマエ

ゲンバ男子

地域から選ぶ

情報誌Bplatzpressから選ぶ

創業年から選ぶ

業種から選ぶ

ライターから選ぶ

テーマから選ぶ