「スポーツ×ビジネス」で、地方を活性化へ

スポーツ合宿・遠征に特化した企画を手がける株式会社ランブリッジ。地方自治体や宿泊施設、LCCをはじめ、顧客であるプロやアマチュアのアスリートから支持を集めている。

特徴は、パッケージ化されたプランを売り込むのではなく、プランニングの段階から参画していること。選手たちが質の高い練習に打ち込んだり、遠征先でも普段通りの力を発揮したりできるよう宿泊はもちろん食事や練習場の手配など細かな部分までプランニングし完全オーダーメイドで提案している。

リクエストに応じて、選手が練習場に移動する手段の手配や、備品の運搬も手伝う。さらに試合のマッチメイクをすることも。

例えば、洗濯。「合宿であれば、本来の目的は練習をすること。なのに、『後輩が先輩のユニフォームを夜遅くまで洗濯している』という時間が無駄だと思うんです」と余吾氏。そこで低価格で洗濯を代行するサービスを提供することで、合宿先で練習に打ち込める環境を整備している。

実は、余吾氏自身も四国のプロ野球独立リーグでプレーをしていた経験を持つ。退団後は専門学校で旅行・観光について学び旅行会社に就職した。そこでは学生向けのゼミ旅行や合宿を中心に営業を担当し、5年後に独立した。

プロ野球独立リーグ時代の余吾氏。

野球選手時代と前職で培った経験に裏打ちされた企画力を強みに事業を展開し、現在では顧客のほとんどがリピーターになっているという。

「スポーツ×合宿」の事業は地方の活性化にも繋がっている。同社が関わったことでスポーツに関心が低かったある地方自治体に“スポーツ課”が新設されたという事例もあるほどだ。

代表取締役 余吾由太氏

さらに、宿泊施設や地方の金融機関、LCCとの連携にも拡大。中でも中国系LCC「春秋航空」の機内誌に同社が手がけた大学ラクロス部の合宿について連携事例が掲載されたことは話題となり、行政から問い合わせが一気に増えたという。

現在、連携しているのは、秋田県、富山県、広島県、佐賀県、愛媛県、宮崎県にある市町村だ。

「宿泊施設や航空会社はもちろん、練習施設を持つ市町村とも独自のネットワークやノウハウを築いていることが我々の武器。みんなを繋ぐ”架け橋”となって、喜んでもらえることが仕事のやりがいですね」。余吾氏の挑戦は、これからも続きそうだ。

「合宿や遠征で、学生や子どもたちが“旅館で食べた地元の料理が美味しかったから、また行きたい”と思ってくれたり、普段は対戦することができない海外の選手とプレーしたことで、グローバルな視点を持ってくれたりするなど、“気づき”や“キッカケ”づくりに関わることができたら、望外の喜びです(余吾氏)」とスタッフのみなさん。

(取材・文/仲西俊光)

2018年06月06日
株式会社ランブリッジ
代表取締役  
余吾 由太氏
事業内容/スポーツ合宿・遠征の企画・手配

今月の町工場で働くオトコマエ

ゲンバ男子

地域から選ぶ

情報誌Bplatzpressから選ぶ

創業年から選ぶ

業種から選ぶ

ライターから選ぶ

テーマから選ぶ