熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

長年やってきた社員の退職で、もう一度社員とのつながりを考える

ikechan2

【今夜のお客様】
代表取締役社長 平野 祥之氏

【社長のホンネ~人材編~】
長年やってきた社員の退職で、もう一度社員とのつながりを考える

イケダ:製造業の人材確保は本当に難しいお仕事でしょう。

社長:現場はフルタイムで働ける若手人材がほしいけれど、なかなかうまくいかない。日の当たらない仕事というイメージが強いんかな。だからサンソウカンでやってる「ゲンバ男子」は製造業の人間からしたらすっごくありがたい。あれは本当にいいよね。

イケダ:ありがとうございます。編集長に言うときます(笑)。それにしても、10年前、会社を立ち上げた直後にリーマンショックがあって、会社の経営も大変だったでしょう。

社長:グループ会社(プラントの製造業)の役員でもあるから、そこで新商品の開発をやったり、経営者の勉強会に出かけたりして、その都度足りないものを補いながら乗り越えてきた感じ。

ここ1、2年でようやく本業の人材アウトソーシング事業も軌道に乗ってきたかな、と思っていたところに、立ち上げから一緒にやってきたメンバーが退職して、去年は会社に激震が走ったけど。

イケダ:社長にとって、社員が辞めることほどつらいことはないわよね。私も昔、「一緒にがんばろう!」って言っていたメンバーが「辞めます」って言いに来たとき、泣きそうだったのを思い出すわ。

社長:もうね、なんとも言葉にできない。一緒に頑張ってきたのに、何でだろうって落ち込んだ。でも残ったメンバーの絆が深まったのは、唯一の救いかな。

イケダ: これからもう一度スタートね。

社長:人に向き合う仕事をしているのに、実際はまだまだ手探りやわ。でも「お互いを尊重し合う」「喜びを分かち合う」という理念に共感してくれるメンバーたちと一緒に頑張れることは、本当に幸せだと思う。

イケダ:社長と話していると、結局悩んだり、考えたりすることって、「人」のことなのよね。人の上に立つって、それだけ大きな責任を伴う、大変なお仕事だなっていつも思う。

社長:自分自身も成長しなあかんから、社外研修でチームビルディングを学んだりしてるねん。外に出るといろいろ気づきが多い。

イケダ:社長業は本当に大変だけど、刺激を吸収して、社員とともにがんばってね!

★過去の「社長のホンネ」の記事はコチラから★
http://bplatz.sansokan.jp/archives/writers/n-ikeda

2017年03月01日
KHスタッフステーション株式会社
代表取締役社長  
平野 祥之氏

事業内容/製造業を中心とした人材アウトソーシング業

読者アンケート
ライター募集 フリーペーパーについて 本サイトについて

今月の町工場で働くオトコマエ

      
Bplatzのツイッター Bplatzのfacebook