メンタル不調に陥った自身の経験を元に、法人向けメンタルヘルス事業を展開

「実は、その頃の記憶があまり無いんです。夫によると、朝から晩まで同じ場所から動くことすらできていなかったらしいです」。

メンタル不調に苦しんでいた自身の過去をそう振り返ったのは、株式会社ラクカウ代表取締役の濁川氏だ。現在は自身の経験を元に、法人向けメンタルヘルスの事業を展開している。

「私自身、メンタル不調に陥り休職した後、職場復帰がうまくいかなかったんです。回復したと思い復帰すると、また悪化、再び休職…ということを繰り返してしまって。メンタルに不安を持つ人が、前向きに働き続けられることの大変さと大切さを実感し、今の事業を立ち上げました」。

立志庵では起業に必要な基本的な知識習得ができるセミナーを実施

当初は個人向けのカウンセリングが中心であったが、対象者が働き続けられるかどうかという問題は、企業側にも目を向けないと解決できないと感じ、法人を対象にした事業にシフト。

現在は、企業などにおけるメンタル不調者への個別面談や研修を行っている。さらにはメンタルに不安を抱えながらも社会で活躍したいと望む人と企業をマッチングし、就職後の定着まで支援する事業を展開している。

6ヶ月の立志庵の利用期間中に、中間期の成果発表会と卒業時の成果発表会が開催される

2018年には、あるクライアント企業と無期限契約を締結し、法人化に踏み切った。「この契約もそうですが、起業後は人との出会いによって仕事が生まれ続けています」と語る濁川氏は現在、大阪産業創造館の起業プログラム&デスク「立志庵」に入居している。

「入居者毎に担当のコンサルタントがついてくれ細やかに相談に乗ってくれたり、スタッフの方がアドバイスをくれたりして、実務上はもちろん精神的にも支えられています」と言う。立志庵を卒業した後も、すぐに相談できるよう近くに事務所を借りる予定だという。

立志庵では担当コンサルタントといつでも面談することができる

今後の目標は、事業の社会的インパクトを大きくすること。そして、「株式会社ラクカウ」の存在が日本のメンタル不調者を減らす要因となることだ。

代表取締役 濁川 淑実氏

(取材・文/今中有紀)

濁川さんも利用!
立志庵は起業という目標を成し遂げようとする人々が集い、その準備を行うための場所です。「同じ志を持つ利用者との交流」「事業計画の立案」「コンサルタントによるサポート」「24時間使える設備」「産創館セミナー」などさまざまなサポートを活用し、6ヵ月後の起業実現をサポートします!

2018年08月01日
株式会社ラクカウ
代表取締役  
濁川 淑実(にごりかわ よしみ)氏
事業内容/法人向けメンタルヘルス対策の提供

今月の町工場で働くオトコマエ

ゲンバ男子

地域から選ぶ

情報誌Bplatzpressから選ぶ

創業年から選ぶ

業種から選ぶ

ライターから選ぶ

テーマから選ぶ