Vol.6 若年層の人口比率が最高水準の「鶴見区」

大阪市をはじめ全国的に年少人口(15歳未満)の減少に歯止めがかからず、超高齢社会への歩みが加速しています。

今月は、そうした状況でも若年層の割合が多い区を探りました。

各区について、年齢階層別比率で24区を比較すると、若年層に関して、総じて鶴見区が最高水準にあります(図参照)。
「0~4歳」でこそ西区を僅かに下回りますが、それ以降の階層では1番です。

≪ 図 若年層の人口比率が高い7つの区 ≫

出所:大阪市「年齢別推計人口」

しかし、階層が若くなるにつれて比率が低下しており、西区や福島区の傾向とは真逆となっています。

こうした背景には、出産適齢期に該当する30歳代女性の人口比率が鶴見区がこれら7区の中でも低い方に位置していることや、保育所など子育て支援施設の従業者数の比率が、7区中、最も低いことなどが考えられます。

保育所の預け先は居住区に限定されていませんが、鶴見区が今後とも年少人口比率で高い割合をキープするためには、子育て支援施設の充実など子育て環境の整備が肝要であり、それが出産適齢期世帯の転入促進にも寄与すると期待されます。

(取材・文/大阪産業創造館 徳田裕平)

大阪産業創造館 徳田裕平
建設コンサルタント会社やシンクタンクを経て、縁あって旧・大阪都市経済調査会の事務局長に就任。大阪市をどうやって元気にするかをテーマに日夜、調査・研究に励む。

★あなたが住む区も調べます!リクエストも受付中 → press@sansokan.jp

2018年10月16日

今月の町工場で働くオトコマエ

ゲンバ男子

地域から選ぶ

情報誌Bplatzpressから選ぶ

創業年から選ぶ

業種から選ぶ

ライターから選ぶ

テーマから選ぶ