失敗した40年前の挑戦が、最新技術の礎に

 
接着剤やシールなどが貼り付かないようにする「耐摩耗性非粘着コーティング」という独自技術を持つ、日本鋳造技術研究所。

非粘着はもちろんのこと、同社が得意とする“溶射技術”で下地そのものの硬度を上げ、なんと“鋼の6倍”という強度を誇る。そのため、剥がれ防止や長寿命化といった効果を併せ持つことが特徴だ。

では実際、どのような場面で“粘着しない”技術は使われているのだろうか?

 
「例えば、工場でのラベル貼り。貼り付ける側のマシンの方にひっついてしまうと、製造ラインに多大な影響を与えてしまいます」と説明をしてくれたのは、耐摩耗性非粘着コーティングの発案者、代表の平戸氏だ。

「2012年に大阪産業創造館主催の展示会に参加した際に、数多くの企業が“非粘着”で解決できる問題に悩んでいることを知り、早速取り組みました」と、開発に至ったきっかけを語る。新技術の源は、40年前の失敗事例に遡る。

当時、熱によって酸化してしまうカーボン素材を覆うという溶射に挑戦した同社だったが、微細な穴が出来てしまい酸化が止められないため、断念したという。

しかし、その微細な穴が非粘着のキーに。失敗から得た知見を活かし、約2年の開発期間を経て、新技術を生み出した。

 

40年前の溶射装置が、最新技術を支える。

 
次に挑むのは、この新技術の普及だ。まずは、展示会に積極的に参画。すると、さまざまな業種の企業から「こんなことは出来ないだろうか?」と、相談を受けた。

新技術を用いて課題を解決に導き、開発から2年、スタート時から数えると4年で『耐摩耗性非粘着コーティング』のビジネスを軌道に乗せることができた。

しかし、それで終わらないのが同社だ。販売チャネル拡大に向け、ホームページをリニューアル。SEO対策も含め、サイトをBtoB向けに特化させ、メルマガも発信する。
PR策は功を奏し、ネットからの問い合わせは増加の一途をだどっている。

 

 
高い品質のみならず、コスト面でも同社の耐摩耗性非粘着コーティングは選ばれている。相談を受けた企業に見積もりを出すと「この価格で可能なんですか?」と驚かれることも多いという。

溶射とコーティングを一貫してできるという、同社ならではの強みを活かし、高品質かつコストダウンを実現する。現在、“200度の耐熱温度を、500度程度にまで引き上げる”など飽くなき探究心で開発を推進。さらなる高みをめざす。

「今はBtoBがメインですが、もしかしたら料理をする時にひっつかないナイフや包丁といった、一般家庭向け製品にも応用できるかも知れませんね」と、平戸氏。

 
これからも同社は、フラックスと溶射という2つの既存事業で、安定した収益を重ねながら、『非粘着』という新技術を武器に、未来を見据えて新市場に鋭く切り込んでいく。

 

代表取締役 平戸信一氏

 
(取材・文/仲西俊光)

2021年03月19日
株式会社日本鋳造技術研究所
代表取締役  
平戸 信一氏
事業内容/フラックス、溶射加工

今月の町工場で働くオトコマエ

ゲンバ男子

地域から選ぶ

情報誌Bplatzpressから選ぶ

創業年から選ぶ

業種から選ぶ

ライターから選ぶ

テーマから選ぶ