中小企業の在宅勤務をセキュリティ面からサポート

コロナ禍で在宅勤務を認める会社が増えているが、これをさらに普及させていくうえで欠かせないのが、自宅と会社のネットワークをつなぐことで生じるデータ漏えいなどのリスクを防ぐセキュリティ対策だ。

「セキュリティ対策といえばこれまでは外部の脅威から守ることが主眼に置かれていましたが、在宅勤務への移行によって会社のデータを内部の人間が持ち出しやすくなり、これを想定した対策がこれからはより重要になってきます」と村林氏。

ただ中小事業者の場合、社内に専門のIT担当者がいるわけでもなく、高価なシステムを導入する余力もない。そのような中小企業の置かれた現状をふまえアクトワークスが11月から本格発売するのが「リモートアクセスVPN」だ。

 
最大の特徴は、手のひら大のサイズに収まる機器に社内ネットワーク回線をつなぐだけで外部のパソコンやスマホと安全につなぐことができること。

「通常はネットワークを入れ替える必要があり、さらにさまざまなネットワークの入口での門番役であるファイアウォールを通すための設定などもしなければなりません。このシステムを使えば回線をつなぐだけでだれでも簡単に扱えることが強み」だという。

 
VPNとはインターネット上に暗号化された“トンネル”を作る技術で、新たに回線をつくることなく社内専用線を設けることができる。

このVPNの技術については筑波大学の研究プロジェクトによって開発された、無償で活用できる「ソフトイーサ」を活用。「大半のファイアウォールを通り抜ける特性を持つため、どのような環境からでもアクセスできる点が使いやすいポイント」と増田氏。

 
「社員が30人くらいで全員に目が届く範囲であれば、リモートアクセスVPNの導入が最適ですが、社員がさらに増える場合にはもう一段レベルを上げる必要がある」との考えから同時に発売するのが「リモート Wake on LAN」。

これは社外からサーバにアクセスするのを禁じ、社内にあるパソコンと同じ画面を社外のパソコン上でそのまま操作できる設定をしたときを想定し、社内パソコンの電源を遠隔でオンオフできる機能を持たせている。

 
在宅勤務の流れが加速する状況は同社のビジネスにとっても追い風だ。

今後は、一人ひとりがパソコンでどのような作業をしているかが把握できる“パソコン版ドライブレコーダー”の開発も考えているという。

「シンプルに低価格で誰でも使いやすく」をモットーに、これからも中小企業の在宅勤務を後押しする商品開発を進めていく。

 

代表取締役 村林高治氏(左)、製品開発部部長 増田裕之氏(右)

 
(取材・文/山口裕史)

 
≪アクトワークスも出展!オススメイベント≫
【Web販促・活用フェスタ2020】


Webの「どうしよう?」をまるっと解決!ウィズコロナ、ポストコロナ時代、Webサイトを活用した販促や集客をもう一度見直しませんか?

2020年10月02日
株式会社アクトワークス
代表取締役 村林 高治氏
製品開発部 部長 増田 裕之氏
事業内容/ネットワーク、サーバの構築支援

今月の町工場で働くオトコマエ

ゲンバ男子

地域から選ぶ

情報誌Bplatzpressから選ぶ

創業年から選ぶ

業種から選ぶ

ライターから選ぶ

テーマから選ぶ