熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

頭も尾びれもウロコまで、魚一匹丸ごと摂れるペプチドスープ粉末ダシ

小魚が体にいいと言われるのは、丸ごと食べられるから。しかし、一般的な魚の可食率は約40%と低く、無駄なく摂ることは難しい。

日本ライフィックスが開発した「美利膳(びりぜん)」は、九州近海のカツオとイワシをまるごと使い、骨や頭はもちろん、ウロコ一枚にいたるまで、余すところなく摂ることができるペプチドスープ粉末ダシだ。

%e5%95%86%e5%93%81%e5%86%99%e7%9c%9f00

開発に要した歳月は40年以上。魚一匹を丸ごと加工するために苦労したのは、ろ過の方法だった。そこで利用したのが限外濾過膜という宇宙開発で生まれた技術。

「細かい目のガーゼで濾して透明なダシを取るイメージだが、すぐに目が詰まってしまうのが難点だった」と宮本氏。

%e6%8b%85%e5%bd%93%e8%80%85%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%88miyamoto%ef%bc%89

そこで前工程で材料に処理を加えることで、魚一匹丸ごとのエキスを抽出する製法が確立できたという。ろ過された成分は消化吸収に優れていることが特長だ。

販売開始から5年。健康志向の高い人向けに高級スーパーや健康食品店、フィットネスクラブなどを中心に販路を増やしてきた。最近、生産体制が整ってきたことでコストダウンのめども立ち、今後は一般消費者向けにもアプローチしていく。

お味噌汁に一杯。インスタントラーメンに一振り。そんな手軽さで、日本の食卓を支えていく。

birizen01
▲魚以外の原材料にもこだわっている。粉末に加工する際に必要となるでん粉は、専用に開発したキャッサバ芋(タピオカでん粉)を使用している。小麦やトウモロコシ由来でん粉は、国産品であっても原材料は輸入品であることが多く、種子まで遡って産地証明が出せないからだという。

(文・写真/北浦あかね)

2016shokunosyoudankai_500_120

2016年09月27日
日本ライフィックス株式会社 企画室
宮本 拓也氏

事業内容/自然食品、健康食品の開発・販売、卸

 

読者アンケート
ライター募集 フリーペーパーについて 本サイトについて

今月の町工場で働くオトコマエ

      
Bplatzのツイッター Bplatzのfacebook