熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

わし、耳遠いねんけど 削る音はよう聞こえるねん

わし、耳遠いねんけど 削る音はよう聞こえるねん

指紋が加工面に付くだけで精度が狂う真空装置。部品づくりには1000分の1ミリ単位の精密さが要求される。若手から“神の手”を持つと尊敬される旋盤職人の林さんは、同時に“神の耳”をも持つ真空装置づくりのエキスパート。

「年とって耳遠なったけどな、不思議と削る音はよう聞こえるねん」。

切削音の僅かな違いで異常を察知し、旋盤の回転数と刃物の送り速度を微細に調整しながら、ミクロン単位の加工を一発で決める。

「時間かけたら誰でも削れる。精度と美しさを高いレベルで満たしながら、はよう仕上げる。これがプロや」。若手職人の片橋さんは「林さんはガリガリ削っていくけど、狙った精度でピタリと止める。僕には怖くてできひん」。

seinan2
seinan3
seinan4

今年69歳になる林さんは14歳でものづくりの世界に入り、現場ひと筋半世紀以上。「丁稚時代は機械を触れるようになるまで3年。ボロカスに怒鳴られながら技術を磨いていった」と振り返る。

誠南工業には25年前に入り、顧客の仕様に合わせた一品ものの装置づくりに魅了された。「毎回つくるもんが違うから、どないして削ったろかと頭使う。試行錯誤できるのが醍醐味やね」。

seinan5

そんな林さんは後進の指導にも力を入れるが、「怒った姿を見たことがない」と周囲は口をそろえる。しかし自分には厳しい。「いまも勉強中やから」。

心優しきゴッドマスターは、おごることなく職人道を突き進む。

hayasi_egao

hayasi_shokuji
▲親子以上に年の離れた若手の旋盤職人・片橋さん(写真右)との昼食。

hayasi_te2
hayasi_te
▲シャフトを削る際、振動するのを手で押さえる。強くにぎると巻き込まれる危険な作業だ。

haysi_bait
▲加工物の素材に応じて、職人が自分の好みのバイト(刃物)を自作する。

haysi_tenohira
▲「わしの手、やわらかいしゴツゴツしてないやろ。職人らしい手してないねん」。

seinan7

(取材・文/高橋武男 写真/福永浩二)

2016年08月10日
誠南工業株式会社
林 秀明氏

真空装置の設計・製造

読者アンケート
ライター募集 フリーペーパーについて 本サイトについて

今月の町工場で働くオトコマエ

      
Bplatzのツイッター Bplatzのfacebook