熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

【編集長の独り言】それぞれの世代交代 「覚悟と美学」

私の祖母方の曽祖父「千年治おじいちゃん」は、
岡山で醤油製造をはじめ、手広く事業をしていて、
仕事も遊びも相当豪快な人だったらしい。

でも1人息子はまったく別の道に進んでしまったので、
名前は「千年治める」と書くのに、あっさりと廃業してしまった。
(あ、センネンジと読みます)

財産も借金も残さず、屋敷は町に寄贈し、キレイさっぱりの幕引き。
子孫に語り継がれるのはもっぱら彼の破天荒な武勇伝だけだ。

一方で、祖父方の家業を承継している実家では、
弟が四代目を継承するかどうかの微妙な時期。

父と弟が対峙することもなく、一向に進まない我が家の世代交代に、
ある二代目社長さんの言葉を思い出す。

「今、息子は大学生。内心継いでほしいが、継いでくれとは言いたくない。
あと二年のうちに、息子が自分から『親父の会社を継ぎたい』と言って
くれるような会社に再建してみせる」

継がせるほうにも継ぐほうにも「美学」と「覚悟」が必要な世代交代。
一般論やテクニックだけでは解決できない奥深いテーマだ。

先日、家業を継承した経営者の方8人とお話する機会があった。
8人それぞれに異なるバックグラウンド。
それぞれの葛藤や決断の中で後を継いだプロセスをお聞きして、
世代交代に「正解はないんだ」と改めて感じ入った。

廃業を決めた、うちの千年治お爺ちゃんにもそれなりの美学が
きっとあったに違いない。

ちなみにアサミちゃん(母)から、
「アナタの名前は千年治お爺ちゃんの名前から一文字取った」
と聞かされて育ったが、
一体うちの親は一人娘に千年治おじいちゃんの
どんなDNAを受け継いで欲しかったんやろ・・・

山野さん3

2010年07月10日
大阪産業創造館 Bplatz編集部
編集長  
山野千枝
読者アンケート
ライター募集 フリーペーパーについて 本サイトについて

今月の町工場で働くオトコマエ

      
Bplatzのツイッター Bplatzのfacebook