人手不足・技術継承に風穴をあける遠隔作業支援システム

働き手の不足とそれに伴う技術継承を課題とする企業が多く、製造業やそれを支える機械のメンテナンスサービスを提供する企業にとって、もはや待ったなしの状況と言える。そこに風穴をあけるツールとして期待されるのが、デジタル総合印刷が開発した遠隔作業支援システム「BT-Work Remote」だ。

経験の浅いエンジニアが機械のメンテナンス作業などを行う際、通常はベテラン技術者が同行する。一人立ち以降も、疑問点などは電話で相談しながら解決する。しかし、「現地・現物」でないと伝えづらいこと・理解し難いことも多い。

この問題を、BT-Work Remoteはメガネ型ウェアラブル端末(スマートグラス)と通信技術で解決を図る。

メガネ型ウェアラブル端末には「EPSON MOVERIO BT-300」を使用。

現場を訪問する技術者はメガネ型の端末を装着。この端末にはカメラが内蔵されており、技術者が目にしているものと同じ映像が、ネットを通じて本社で控えるベテラン技術者のパソコン画面へと表示される。それを見ながらベテラン技術者は、現場技術者へ指示を出す。

映像と音声をリアルタイムで共有することで、遠隔地にいながら「現地・現物」を実感できるという仕組みだ。やり取りはマイクを通じて音声で行えるほか、現場技術者のメガネがモニターとなっているため、文字や画像情報を本社から送ることもできる。

遠隔地から、現場と同じ映像を見ながら指示が可能。画面に指示を書き込むこともできる。

「本製品の特徴の一つが、『指示棒』機能です。これは、本社で指示を出す側の技術者が、現場から送られてきたリアルタイム映像に指示棒を使って場所を指し示す機能です。指示棒が示された映像は、現場作業者の端末でも表示されます。これにより、従来の『右の方』『もう少し上』といった、遠隔操作ならではのコミュニケーションのもどかしさを解消し、あたかも目の前で指示してくれているかのような操作感を実現しました」。

現場の技術者がハンズフリーで作業できるのは、ウェアラブル端末ならでは。

導入した企業では、現場へ派遣する人員が1人で済むため、人件費や交通費の削減という効果が現れているという。また、遠隔地であっても十分なサポートができるため、以前よりも早い段階で、新人技術者を一人で現場へ送り込めるようになったとも。「OJTをより効率的・効果的なものにするための、研修ツールとして利用いただいているケースも多いです」と花房氏は語る。

BT-Work Remoteは、通信環境によって性能が左右されるソフトで、通信環境が整っていれば国内外どこでも使用可能。海外に製造拠点を持つ企業などにも積極的に提案を行い、現地スタッフの教育などへも用途を広げていくことが今後の目標だ。

デジタルソリューション推進室 サブマネージャー 花房浩明氏

(取材・文/松本守永 写真/福永浩二)

 
≪デジタル総合印刷も出展!オススメイベント≫
【センサ/IoT技術展2019】
これからのものづくりをリードする先進技術を見逃すな!

一昨年、昨年と開催し、活発な商談が行われ盛況であったセンサ/IoT技術展。センサ技術や制御・通信技術などのIoT関連技術に特化した展示商談会を今年も開催します。あらゆる情報を収集するセンサやIoT関連技術をキャッチアップし、新たな製品やサービスを開発したいとお考えの方はぜひご来場ください。

2019年08月02日
デジタル総合印刷株式会社
デジタルソリューション推進室 サブマネージャー  
花房 浩明氏
事業内容/商業印刷、出版印刷、 インターネット関連ビジ ネス、コンテンツ企画・ 制作、各種データ処理 及びソフト開発

今月の町工場で働くオトコマエ

ゲンバ男子

地域から選ぶ

情報誌Bplatzpressから選ぶ

創業年から選ぶ

業種から選ぶ

ライターから選ぶ

テーマから選ぶ