ニュージーランドの釣り好きが開発した石けん 女性目線をいかしてギフトマーケットを開拓

ロシア、ニュージーランド、ネパールなどから現地で愛用されている商品を日本に輸入する事業を手掛ける。「信頼できる人脈から紹介を受けた商品を中心に扱っており、釣り関連製品から精油、ハーブティーまで今のところどんな商品にでもチャレンジしている」と久門氏。

株式会社 ゴッドプロダクト 企画・デザイナー 久門 愛可氏

その中で、自身がニュージーランド訪問中に見つけたのが手についた魚の臭いを洗い落とす石けん「フィッシーフィンガーズ」。釣りが人気スポーツのニュージーランドだからこそ開発された商品で、天然由来成分を使用していることから家庭用の洗剤、石鹸としても広く愛用されていることを知り、品ぞろえに加えることを決めた。

ただ、社員に釣り好きは一人もいない。問屋を通じて釣り具店に納めるルートは開拓したが、商品の良さをもっと広く知ってもらうためにどんな方法をとればよいのかイメージがわかなかった。そのとき産創館の連続講座「商品・販促・集客に活かせる!『女性目線活用』マーケティング」のことを知った。

実践ワークショップ形式で、グループメンバーと商品の売り方について議論をした。価格が1000円を超えることから「自分で購入するにはハードルが高いかギフトでもらったらうれしい」との意見をヒントに、プロモーション案をまとめた。女性から釣り好きの男性に贈るシチュエーションを想定し、季節ごとにイベントに合わせたギフトボックスを企画するというアイデアをさっそく実践。今年のバレンタインでロシア製チョコレートと靴下を組み合わせて売り出したところ想定以上の反響があった。

バレンタインの時期に販売した、石けん・ロシア製チョコレート・靴下のギフトセット。

「商品にたどり着いたユーザーの検索条件を調べてみると、彼氏、プレゼント、釣りといったキーワードが多かったことから、一定層のユーザーがいるという手応えを感じることができた」という。

「商品そのものの良さを伝えるのではなく、商品を使うメリットやシーンをどう伝えるかなど講座で学んだことは今も資料を見返しながら販促で心がけている」という久門氏。今後は釣り愛好家が集まるイベントなどにもこれまで以上に出展し「お客さんの生の声を聴いて売り方やプロモーション方法にさらに磨きをかけていきたい」と意気込む。

6月の父の日向けギフトでは、天然アロマの虫よけスプレーとセットで販売。

4回の講座では、商品・販促の企画を立案・発表することをゴールに、ニーズのつかみ方や企画に落とすポイントを学んだ。

(取材・文/山口 裕史)

久門氏も学んだワークショップ「商品・販促・集客に活かせる!「女性目線活用」マーケティング」は、現在申込み受付中です。

【実践ワークショップ】
商品・販促・集客に活かせる!「女性目線活用」マーケティング

より企画力を上げたい経営者の方、自社の女性スタッフに企画力を付けてほしい経営者の方、女性目線でのマーケティングを学びたい方は必見です!

詳しい内容・お申込みはコチラ
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=28040

★まずはセミナーにご参加ください★
男女の買い物価値観の違いと女性のココロをつかむ8つのキーワードを身近な事例を交えながらお伝えします。

【マーケティングセミナー】
商品・販促企画に欠かせない!女ゴコロをつかむ8つのキーワード

詳しい内容・お申込みはコチラ
https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=28039

2019年06月10日
株式会社 ゴッドプロダクト
企画・デザイナー 久門 愛可氏  
事業内容/各種輸入雑貨の販売  【ショップ】https://godproduct.com

今月の町工場で働くオトコマエ

ゲンバ男子

地域から選ぶ

情報誌Bplatzpressから選ぶ

創業年から選ぶ

業種から選ぶ

ライターから選ぶ

テーマから選ぶ