熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

脱・下請けへ新発想の文房具

今や日常生活に不可欠なエアコン。このエアコン工事部材製造で「脱・下請け」を目指し、文具の開発に取り組む有限会社創信工業(東大阪市)。

松本永治社長に転機が訪れたのは、精密機器メーカーの設計者として働いていた2003年。当時社長だった父親が長年依存していた主要取引先から「これからは海外に拠点を移すので、今後のことを考えてください」といわれたことを受け、技術屋気質の父親に代わり営業として働き始めた。

それまでとは業界が全く違ううえ、営業経験は皆無。懸命に業務に取り組んだが、手応えのない日々が続いた。試行錯誤する中で、自社開発の製品づくりへと経営姿勢を大きく変化させたのは、異業種の人々との交流がきっかけだった。「『できない』はない。諦めず時間を掛ければ必ず『できる』」。そう奮い立ち、毎週末を割き、一人で商品開発に取り組む日々が始まった。

妥協を許さない試作を続ける中で誕生したのがボールペンなどに取り付けて書類をめくりやすくする文具「ペンデメクルン」だ。スマートに紙をめくれるカラフルな紙めくりで、指サックに抵抗を感じる若い世代向けの商品。爪を傷めない仕様とした。

新しい発想の商品なので、知名度を上げる必要がある。そこで、商品ラインアップの充実が必要と考え、人気キャラクターの商品化権を獲得。しかし、版権元から指定されるキャラクターのイメージを壊さないように、企画立案時の設計図の段階から完成品が出来上がるまで細部に至る調整が続いた。

キャラクターの目の位置や大きさを0.1mm単位で調整し、細部まで忠実に再現できるようになるまでに何十回もやり直しを行った。また製作途中で顔の表面に傷が付くことがわかり、使用する素材を変更するなど、約1年がかりで完成。今秋から大手スーパーなどで発売を開始する。「新しく誕生したキャラクター展開をきっかけに元祖の『ペンデメクルン』がより多くの人の手に取ってもらえるきっかけになれば」と松本社長は期待を語る。

(大阪産業創造館 プランナー 米森ひとみ)

 
sankei0930

▲自社ブランドの紙めくり文具「ペンデメクルン」を持つ創信工業の松本社長

 

2013年09月30日
有限会社創信工業
読者アンケート
ライター募集 フリーペーパーについて 本サイトについて

今月の町工場で働くオトコマエ

      
Bplatzのツイッター Bplatzのfacebook