開発・提案型商社という新カテゴリーで次代の量産を支えるねじのエバンジェリストたち

2020年に設立70周年を迎える池田金属工業株式会社は、ねじ一筋に歩んできた。

スマートフォンやロボットなど精密機械に使われるシャープペンシルの芯ぐらいの細さのものから、発電所の発電機などに使われる電柱並みの太さのものまで、扱うねじの種類は数十万にのぼるという。

文字通り、戦後の経済成長の見えない部分をガッチリと「締結」してきたねじ業界だが、同社は異彩を放つ戦略で着実に前進してきた。その武器の一つがPCトルクアナライザーによるトルク解析サービスだ。

量産現場と同様の高速回転下でのトルク解析が可能なPCトルクアナライザーは開発提案型営業の有力な武器となっている。

ねじはきつく締めれば良いというものではなく、金属やセラミックなど締結する相手の素材やねじ自体の強度、使用ドライバーなどにより適正なトルク(回転力)が定められる。

PCトルクアナライザーを使えば、手動のトルクレンチでは再現できない、現場と同じ条件下の回転数で適正トルクを計測できるとあって、安全・確実な量産体制の実現を求める多くの企業の関心を集めている。

「お客さんから言われた物を提供してきた業界なんですが、うちの強みはユーザーの困りごとを解決する提案ができること」と話すのは商品開発部の課長、砂邊氏。

ねじ業界の枠組みからの脱皮と飛躍をリードするのが商品開発部なら、その成果と知見を直接ユーザーに拡散するのが石戸氏率いる直需グループだ。

若手中心のメンバーで各種展示会への出展をはじめ、メーカーの設計・技術関係者向けに「ねじの基礎講座」「トルクアナライザーを用いたねじのトルク曲線解析セミナー」「ねじのゆるみセミナー」といった啓発活動も積極的におこなっている。

本社のストックヤードには多種多様なねじがQRコード付きの箱に整理されピックアップしやすく収納されている。

もともとねじ業界に高いモチベーションを抱いて入社してくる若者は少ないという。しかし、ねじの奥深さと産業における価値を知るにつけ、彼らはほどなくねじのエバンジェリスト(伝道者)として育ち、先述の講座や展示会の主役として活躍する。

社員自ら「イケキン」と親しみを込めて呼ぶ同社の最大の強みは、話のわかる上司と若者たちとの締結から生まれるヒューマンなトルクパワーにあると見た。

営業3部部長直需グループリーダー 石戸達也氏(左)、商品開発部課長商品開発チームリーダー 砂邊康之氏(右)

(取材・文/山蔭ヒラク)

 

≪池田金属工業も出展!オススメイベント≫
〔同時開催〕ものづくり試作フェア/分析・計測技術展

試作品の設計や製作に強みをもつ企業と
分析・計測技術や機器をもつ企業の展示会を同日開催!

品質で勝負する製造業にとってスピーディな試作と、信頼性の高い分析計測技術は必要不可欠なもの。今回はその2つの技術を売りにする企業が一挙に集まります。フットワーク軽く依頼できる試作や、尖った分析計測技術を持つ企業に日ごろの課題を相談しに来てはいかがでしょうか。

2019年08月01日
池田金属工業株式会社
営業3部部長 直需グループリーダー 石戸 達也氏
商品開発部課長 商品開発チームリーダー 砂邊 康之氏
事業内容/工業用ファスナーなど金属部品の開発・製造・販売

今月の町工場で働くオトコマエ

ゲンバ男子

地域から選ぶ

情報誌Bplatzpressから選ぶ

創業年から選ぶ

業種から選ぶ

ライターから選ぶ

テーマから選ぶ