熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

熱い魂が伝播する中小企業応援サイト

【ロングインタビュー】「全員が自分で考える風土」が会社を強くする。三代目社長の組織改革と新市場進出

_DSC0652

―ドル、ユーロを稼ぐ目標は。

「スペーサー」については、アメリカ・サンディエゴのチルドレンホスピタルで来年1月からトライアルが始まる予定です。

それから「エコウイン」という冷房専用の空調システムもアジア各国で売っていこうとしています。管の中に冷媒ガスを通して空間を冷やすシステムで、ブローがないために快適で、天井も床も一定温度に保つことができるのが特徴です。中国の合弁工場よりうちの工場のほうが安くつくれるので、どんどん輸出をしていこうと思っています。

―これからさらにどのような会社にしていきたいですか?

社員一人ひとりが自立している会社にしていきたいですね。
中小企業の経営者として常に意識しているのは、会社を私物化しない事。社員には打ち合わせ室兼用の狭く汚い食堂で安い弁当を食べさせながら、自分は接待と称し高級店の飲食代を会社に回し、営業車はボロボロでも自分は高級国産車、なんてことになんの疑問も持たない経営者になってしまいたくないんです。

僕は、新規事業が安定してくるたびに、分社していこうと計画しています。
僕もこの会社から給料もらわなくても生きられるすべを見つけて自立しようと常々考えていますし、社員もみなそれぞれのやりたいことで自立したいと思っています。自立したそれぞれが協業してまたビジネスをすればいいんです。

誰もが会社によっかかることなく、自分の技術や専門性で稼げる人がチームを組む事によって、より効果を上げれる為に集まっている会社が理想なんです。

誌面で紹介した記事はコチラ
→ローテク極めたものづくりで新市場へ、世界へ

(取材・文/山口裕史 写真/福永浩二)

ページ 1 2 3 4
2015年12月09日
株式会社イワサキ
代表取締役社長  
岩﨑 基造氏

事業内容/創業90年を迎える金属加工部品の企画、開発、設計、製造。岩﨑氏で3代目。

読者アンケート
ライター募集 フリーペーパーについて 本サイトについて

今月の町工場で働くオトコマエ

      
Bplatzのツイッター Bplatzのfacebook