大阪市の中小企業支援拠点「大阪産業創造館」

※画像をクリックすると拡大します

株式会社ノムラ

松島 寿樹さん 21歳

2014/09/05 現在

「送りねじ」という分野の台形ねじを専業に製造する株式会社ノムラ(港区)。入社半年の松島さんの前職は居酒屋。圧力で金属に柄をつける転造加工を担当する。入社当時は、同じことを何時間も続ける仕事に戸惑ったし、材料が台無しになる失敗もしたが、「その都度、社長や先輩社員に助けてもらってる。失敗から学んでます」と爽やかに笑う。同社には海外のヒップホップ音楽が軽快に流れる。社長に提案したのは松島さんだ。「僕ね、ものづくりの現場をイケイケにしたいんです(笑)。町工場って高齢のオジサンしかいない暗いイメージってあるじゃないですか。でもうちの会社はみんな若いし、社長も若い。音楽ひとつで職場が明るくなるし、モチベーションも上がるでしょ?」。いやいや、共感します。新しいものづくりのカルチャーを切り拓くのは若い世代なのかもしれません。