大阪市の中小企業支援拠点「大阪産業創造館」

※画像をクリックすると拡大します

株式会社奥村坩堝製造所

篠田 健太郎さん 35歳

2014/06/30 現在

硝子製品をつくる工程で材料を溶かすための容器となる坩堝の製造を手掛ける株式会社奥村坩堝製造所。坩堝の製造は今や国内で二社しかないという貴重な存在だ。1400度の炎が燃え盛る炉で、硝子溶融という工程を担当する篠田さん。「材料、時間、温度・・・何が欠けても仕上がりの質が変わる硝子材は奥深い。何より安全第一ですけどね」。趣味は子育て。