大阪市の中小企業支援拠点「大阪産業創造館」

※画像をクリックすると拡大します

株式会社奥村坩堝製造所

細川 雅則さん 35歳

2014/06/30 現在

硝子製品をつくる工程で材料を溶かすための容器となる坩堝の製造を手掛ける株式会社奥村坩堝製造所。坩堝の製造は今や国内で二社しかないという貴重な存在だ。機械轆轤(ろくろ)を担当する細川さんは入社3年目。以前は、大学の研究室などで使われる試験用のガラス容器などを手掛ける硝子職人だった。同社に入って、「硝子の世界の奥深さがより理解できた」と語る。仕事上のポリシーも明確だ。「自分のことよりも人のためになるように心がけていたら、結局自分にかえってくる。仕事の準備、製品の配置、片づけなど、ちょっとしたことでも次の工程の人のために気を配るようにしている」。趣味はスノボ、登山。